借金・弁護士.net

借金の時効がきたらどうなる?返す義務は?

借金にも時効があります。ですから、お金を借りていたとしても、ある一定の期間を過ぎても借金の返済をしなかったような場合は、時効が成立して、借金返済の義務がなくなります。このような場合を消滅時効と呼びます。
では、どのくらいの期間が過ぎれば、消滅時効となって借金の返済義務がなくなるのかというと、例えば借りいている先がサラ金であったり、信販会社、銀行などである場合は5年という期間が定められています。一方で例えば親や兄弟、友人などからお金を借りている場合は10年ということになっています。
ただし、金融業者の場合はただ5年を経過すれば返済義務が消滅するわけではありません。金曜業者の場合は、内容証明郵便で時効の援用通知書を金融業者に送るという作業が必要になってきます。
内容については、借金の返済期間を越えているので、支払い義務も消滅しているというような内容で送ることになります。このような書類を送付することによって、返済義務が消滅することになります。
しかし、借金を返済できなかったということは、信頼性を失うということになりますから、今後消費者金融などからお金を借りることが難しくなってきます。ですから、もし返済できるのであれば返済するということが長期的に考えると大事になってきます。例えば、資産を売却したり、債務整理などを行うことによって返済していくことが可能な場合もありますから、できる限り返済のための努力をしていくことが大事になってきます。