借金・弁護士.net

【無料】あなたに合った借金返済法をシュミレーション

返済不能になることを前提として借金をする人は、おそらくいないでしょう。それにもかかわらず返済不能になってしまう人は後を絶ちません。なぜ多くの人が返済不能になってしまうのでしょうか。これは、予定通りに行かなかったことが大きく原因していると考えられます。

借金をするときには、多くの人が返済計画を立てます。たとえば、毎月2万円ずつなら返済していくことはできるだろうと予想し、毎月2万円以内の返済金額で借りられるだけを借りたとします。もしもその通りに進めば、最終的には完済できるのでしょう。しかし、人生においては想定外の出来事というのは、いつでも起こりえるものだと言えるでしょう。それによって、一時的に返済ができなくなってしまうと言うこともあります。

一時的に返済ができなくなってしまったとしても、すぐに返済できれば問題はないのですが、それが長引くとさらに返済が難しくなります。返済が遅れてしまうと遅延損害金を支払わなければなりません。それによって、さらに返済が難しくなってしまうと言ったことが考えられます。

このようなことにならないようにするためには、想定外のことが起こっても返済ができるような計画を立てておくべきでしょう。たとえば、2万円の余裕があっても、月々1万円の返済で済むような借り方をしておけば、収入が減ったりほかの費用が発生したりしても、借金が返済不能になってしまうといった事態を回避できる可能性は高くなります。