借金・弁護士.net

借金踏み倒しの方法は?成功率は?

借金は必ず返済しなければなりませんが、あらゆる方法で免責させることができます。その中でも代表的な方法が自己破産です。自己破産であれば、借金が免責になる代わりに資産は没収されますが、5~10年の間は借金が出来ないこと以外は不自由な点は見当たりません。そして、こういった法的手続きを取らずに夜逃げをして逃げ続けることで踏み倒しが実現されます。借金にも時効があるので、逃げ続ければ借金が免責となります。業者からの借金の時効は5年ですが、法的手続きを取ることによって15年に延長されます。つまり15年もの間、逃げ続ければならないということです。更に借金をする際には住民票を提出しているので、定期的に調べられます。移転先を調べられてしまうので、住民票を他所に移すことも出来ません。そして、仕事をするためには住民票など身分と住所を証明する書類が必要になるので、仕事に就くことも出来ません。踏み倒しを成功させる為には、他所に安定した仕事と住居があることが条件となります。外国人であれば、母国に帰ることで免れられますが、そうでない限りは成功させることは至難の業です。踏み倒しを行うことを考えているのであれば、予め他所に住居を購入しておいて個人事業で生活しなければなりません。現実的に考えて、これを実行出来る人物は僅かなので、素直に自己破産をする方が有効です。常に取立てに怯えなが生活することになるので、精神状態の変化も考慮することが大切です。